MENU

健康づくりのヒント

当社の管理栄養士・西方陽子によるコラムです。

第1回「身体にいい食品」

食べ過ぎていませんか?

 

「朝はしっかり食べていい」とチーズたっぷりのチーズトーストとヨーグルト。 ヨーグルトにはきなこと黒ゴマを大さじ1杯ずつ、砂糖は良くないからとはちみつに変えて。 そうそう忘れてはいけません、納豆1パック、ビタミンも摂りたいのでサラダに胡麻ドレッシング、最後にフルーツ。健康に気をつけて、身体にいいと言われる食品を食べています。 なのに最近体重が増えてきて、中性脂肪が高い、血糖値が上がってきている。 これらを下げる食べ物は何かな?? これまた相談の多い内容ですが、まずはこの食事でいくらのカロリーを摂取しているか計算してみましょう。

hint1_1

 

  • 食パン1枚(6枚切り)・・・・・・158kcal
  • チーズ 30g・・・・・・119kcal
  • ヨーグルト無糖100g・・・・・・62kcal
  • はちみつ 大さじ 1・・・・・・62kcal
  • きなこ 大さじ 1・・・・・・30kcal
  • 黒ゴマ 大さじ 1・・・・・・40kcal
  • 胡麻ドレッシング 大さじ 1・・・・・・100kcal
  • 納豆 1パック・・・・・・100kcal
  • カットフルーツ・・・・・・約30kcal

合計・・・・・・約701kcal

 

女性なら身長が170cm、あるいは体重が65kgくらいあればこれくらいのカロリーを取っても大丈夫ですが、そうでなければ600kcalくらいで抑えたいものです。 ましてやダイエット中ならなおのこと500kcalを目指していただきたいと思います。 皆さんは、身体にいい食べ物にはカロリーがない!と思いこんでいませんか?これは最大の間違いです。 チーズは乳製品の中でも脂質が一番多い食べ物です。毎日取るのは危険です。牛乳・ヨーグルト・チーズのいずれかを1日1つ食べるようにしましょう。

きなこは大豆からできているので高タンパク食品です。カロリーがないとは考えにくいですよね。また黒ゴマは成分の半分が油です。ゴマ油が搾れるくらいですから。 はちみつが身体にいいというのはビタミン・ミネラル・オリゴ糖が含まれている点、ただしカロリーは砂糖と同じくらいなので同量の砂糖を使っているのと変わりません。

 

サラダはカロリーが低くヘルシーだと思いボウルいっぱいに食べられている方もいらっしゃると思いますが、落とし穴がドレッシング!和風やイタリアンドレッ シングでも大さじ1杯で70kcalくらい、ゴマドレッシングでは100kcalを超えているものが多いですね。そうなるとヘルシーだと思ってサラダを食 べれば食べるほどドレッシングも多くなってしまい、結局カロリーたっぷりのサラダを食べてしまう結果になります。 納豆もきなこと同様、大豆からできていますので高タンパク食品。1パック100kcalくらいでしょう。もちろん1つ1つの食品をみると身体にいい成分を 含んでいるものがほとんどですが、同時にカロリーも考えなくてはいけません。 やはり食べ過ぎはカロリーオーバーにつながります。

 

全く食べるなとは言いません。 チーズトーストとヨーグルトは2日おきに交互に食べましょう。 納豆を食べる日はきなこをやめられたほうがいいでしょうね。 サラダやフルーツはお腹の満腹度を考え、腹8分目でやめられる量にしましょう。 なにごとも適量適度が健康の秘訣かもしれませんね!

西方陽子
管理栄養士西方陽子
(関西テレビライフ)

特定保健指導を担当。指導実績は延べ600人を超える

健康づくりのヒント

目指せ!食事 健康ナビ

マイベストな生活を見つけよう